交通事故やスポーツによって大きな力が加わり、膝の靭帯に損傷が生じることで、膝には4つの靭帯があり、その場所によって内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯に分けられます。

内側側副靭帯と外側側副靭帯は膝の横方向への動き、前十字靭帯と後十字靭帯は前後方向への動きに連動しており、そこに無理な力が加わるとそれぞれの靭帯が損傷してしまいます。特に内側側副靭帯と前十字靭帯が損傷を受けやすい部位です。
また非常に強い力が加わった場合は、複数の靭帯が損傷してしまう場合もあります。
内側の靭帯が損傷した場合は『内側側副靭帯損傷』で、外側の靭帯が損傷した場合は『外側側副靭帯損傷』となります。

損傷される靭帯によって、原因となる力の加わり方はそれぞれ異なります。
一般的には、内側側副靭帯は膝下が外に向く外反力、外側側副靭帯はその逆の内反力が強制されると損傷が起きます。
また前十字靭帯は後方に向く力が原因となることが多いでしょう。

力が加わるきっかけとして、交通事故やスポーツが挙げられるが、特に内側側副靭帯はラグビー、サッカーなどによる接触プレーがきっかけで切れてしまう事も珍しくはありません。
前十字靭帯もスポーツが原因となる事が多く、バスケットボール、やスキーなど、ジャンプした時の着地や急な切り返しの動作や、相手の体重が膝にかかる動きで切れる場合がよく見られます。

後十字靭帯は膝を強く打ち付ける動作が原因となりやすいが、4つの靭帯では1番強い靭帯であり、損傷を受けることはそれほど多くはありません。
外側側副靭帯も単独で切れてしまうというより、強い衝撃が原因で、その他の靭帯と共に損傷をうける場合があります。
主な初期症状としては、膝に痛みが出たり、うまく動かせなくなったりする症状や腫れ、炎症が見られるようになります。
2~4週間程度が過ぎるとこれらの症状はいったん落ち着きますが、損傷部位によっては関節の不安定感や歩行障害が起きやすくなります。
また、そのままにしておくと、痛みが慢性化し膝に水がたまる関節水腫が起こりやすくなります。
通常の動作では問題がなくても、運動を再開した際に膝が痛くなったり、外れたりといった症状が出る事もあります。
前十字靭帯損傷の場合は『ポキッ』といった音がして、そのまま動けなくなる事もあります。

一般的な治療としては重症度によりますが、内容が変わってきます。
内側側副靭帯と外側側副靭帯の損傷の場合は軽症の場合は、膝をギプスやサポーターなどの装具で固定する保存療法を行います。
内・外側側副靭帯の損傷の場合は保存的に治癒しますが、前十字靭帯の場合は手術する事が多く、この場合は3~6か月程のリハビリが必要になる事があります。