腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰や臀部が痛み、足に痺れが放散したり、足に力が入りにくくなります。
背骨が横に曲がる(疼痛性側弯症)、動きにくくなり、重いものを持つと痛みが強くなることがあります。
原因として椎間板は繊維輪と髄核で出来ていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。
その一部が飛び出してきて神経を圧迫して症状が出ます。
椎間板が加齢などにより変性し断裂しておこります。

また、不良姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなる事が知られています。
予防と治療に関しては痛みが強い時には安静を心がけ、コルセットをつけたりします。
消炎鎮痛剤やブロック注射や運動療法を行う事が病院での一般的な施術となります。

当院では鍼灸治療を行いヘルニア部分を直接刺激する事は控えながら、ヘルニア付近の炎症部分を改善し、その腫れを引かせることで痛みの直接原因となっている所へのアプローチを行っております。

病院でヘルニアと診断を受けていても、中には硬くなっている筋肉等がヘルニアや周りの神経の圧迫を強くしている事もありますので、『病院でリハビリを受けていても改善がない』『もしくは手術をすすめられているが迷っている』方はお気軽にご相談ください。
実際に病院でヘルニアと診断をされた方が、当院の施術で痛みを改善し、ずっと飲み続けなければならなかったお薬を卒業した方もいます。