脊椎の一部である腰椎(脊椎の下から5つの椎骨で構成された部分)の中で一番下にある第5腰椎に好発する、疲労骨折の一種です。

椎骨は、前方の円柱部分を椎体、その後ろから出ているアーチ状の部分を椎弓といいます。
椎弓の斜め後方部分は細く衝撃に弱い為、スポーツなどで激しい運動を繰り返していると疲労骨折を起こして亀裂が入る事があり、それが進行すると椎体と椎弓が分離してしまいます。これが原因となり腰椎分離症を起こします。
第5腰椎に起こりやすいのは、この部分での脊椎の傾斜が大きく負担がかかりやすい為で、椎弓の左右両側が分離した場合は、腰椎が前にずれる腰椎分離すべり症に進行していく事もあります。
腰痛分離症・分離すべり症の症状としては腰痛がある場合とお尻や太ももの痛みを出す場合があります。
痛みは腰を後ろに反らせた時に強くなります。

原因としては、骨が未発達の成長期において、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、などの身体の前後屈や腰の捻りが多いスポーツなどで過度の繰り返しが原因となる場合が多いです。
10~15歳の男の子に多く、一般人の約5%、スポーツ選手では30~40%の人が分離症をおこしていると言われています。
そして体が柔らかい中学生の頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入っておこります。
『ケガ』のように1回で起こる訳ではなく、スポーツの練習の繰り返しで腰椎を反らせたり回したりする事でおこりやすくなります。
ただし練習し過ぎると必ず起こる訳でもなく、体質的な要因も影響すると考えられており、稀に先天的な原因で発症する場合もあります。

症状としては腰痛が主な症状ですが、臀部や太ももに痛みが出る事もあり、腰を後ろに反らせたり、腰を捻ったりすると痛みが誘発されます。
安静時は痛みがない事もあるため、発症に気が付かない事もしばしばあります。
分離した部分の神経が圧迫されると、坐骨神経痛によって腰から下肢にかけて痛みと痺れが生じ、腰椎分離すべり症に進行すると、慢性的な腰痛や下肢の痺れが発生する事が多いです。

治療としては一般的に病院ではスポーツ活動を中止し、保存療法を行い、骨癒合の可能性がある場合は数か月安静にして骨がくっつくのを待ちます。
その間にはコルセットを着用するなどをして、患部に負担がかからないようにし、痛みに関しては湿布を張るなどの処置を行います。

当院では辛い痛みの緩和として鍼灸施術をよく行います。
鍼灸施術は、手技では届かない深部の組織に直接届いて血流をよくして、筋肉の硬直を改善して痛みを和らげて改善していきます。
1週間程度湿布を張り続けても強い痛みが続く場合はお気軽にご相談ください。