投球動作等の繰り返しにより、肘の外反(外側に広がること)を制御する内側側副靭帯が障害されて発症します。
スノボやラグビーでの転倒のような1回の外力で靭帯が完全に断裂する場合と異なり、野球肘では繰り返す牽引によるストレスで靭帯が『伸びた』状態になっていることが多くあります。

これは、靭帯の小さな断裂の繰り返しや変性(靭帯組織の劣化)によるもので、劣化したゴムに例えられます。

成長期においてはまだ完全に骨化していない内側上顆の内側側副靭帯付着部に剥離骨折が生じ、成人後は内側側副靭帯自体に断裂が生じます。
ちなみにそれが外側側副靭帯が障害されると肘外側側副靭帯損傷となります。

内側側副靭帯損傷の主な症状は投球時の肘関節内側の痛みで、とくにコッキング期から加速期に痛みがおこります。
日常動作では無症状の事がほとんどですが、重症な方は日常生活動作での肘の不安定感、痛みを訴える場合もあります。
また頻度は低いですが、不安定性により肘の内側を走行する尺骨神経が障害されて、手の小指側に痺れや感覚障害が生じることもあります。

一般的な施術では急性期には固定やアイシングといったRICE処置を行いますが、当院では早期の回復を目指すために『鍼灸施術』『超音波治療』などの東洋医療と最新の治療機器を行いながら回復期間を短くすることが可能となります。