手根管症候群とは、手の痺れ感を訴える疾患です。
手根管とは、手首の部分にある骨と手根靭帯に囲まれた空間のことであり、そこには指を曲げる腱と正中神経が通過します。
この手根管内で、何らかの原因により正中神経が圧迫されると、手根管症候群が発生します。

初期には示指、中指がしびれ、痛みがでますが、最終的には母指から環指の母指側の3本半の指がしびれます。
急性期には、しびれや痛みは明け方に強くおこり、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。

手を振る、指を曲げるとしばしば痛みは楽になりますが手のこわばりはあります。
ひどくなると親指の付け根がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)が出来なくなり、縫物がしづらくなったり、細かい物がつまめなくなったりします。

原因は突発性というものが多く、妊娠・出産期や更年期の女性に一番多いはっきりとした原因もなく発症する突発性手根管症候群は、女性のホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因と考えられています。
手根管の内圧が上がり、圧迫に弱い正中神経が扁平化して症状を呈すると考えられています。
使い過ぎの腱鞘炎やケガによるむくみなども同様に正中神経が圧迫されて手根管症候群を発症します。
判断として手首を打腱器などで叩くとしびれ、痛みが指先に響きます。これをティネル様サイン陽性と呼びます。
手首を直角に曲げて手の甲を合わせて保持して1分以内にしびれ、痛みが悪化する場合はファレンテスト陽性と呼びます。

上記の方法でしびれが出る場合で、指先の感覚がほとんどない、親指の付け根の筋肉がしびれてない方の筋肉と比べて痩せている場合は、早急に病院で必ず精密検査を受けてください。
ただし病院で手根管症候群と診断されていても、中には腕の筋肉がしこり状となり手根管に悪影響をしている場合もありますので、筋肉が緩むと筋肉の滑走性が上がるので結果、症状が改善する事がございます。
当院には腕の筋肉を緩める方法が多数ございますのでお気軽にご相談ください。