妊娠すると出産に向けて体が準備を始め、骨盤がゆるみ、出産の際、赤ちゃんが通りやすくなるため骨盤は大きく開いていきます。
開いた骨盤は、出産後ゆっくりと元の状態に戻っていくものですが妊娠、出産で骨盤に歪みが生じてしまっていると、なかなか戻らなくなってしまいます。
加えて、日々の生活の中での猫背の方や、前に屈んでしまう座り方、赤ちゃんを抱っこしたり授乳したりする際の姿勢は、前屈みとなり骨盤に負担をかけることになり、骨盤の歪みや開きが戻らなくなってしまいます。

骨盤が開いてしまっていると、お腹が出ているように見えてきます。
そのため、血液やリンパの流れが悪くなり代謝が落ちて下半身太りの原因になります。

子宮は骨盤の中にありますから、骨盤に歪みが生じてしまうと子宮も正しい位置ではなくなってしまい、正常な働きが出来なくなります。
その結果、生理不順や生理痛といった症状を引き起こしやすくなってきます。

骨盤の歪みにはいくつか種類があります。
骨盤が左右にねじれてしまっているタイプだと腰痛の症状を起こしやすくなります。
骨盤が前や後ろに傾いていると腰痛もそうですがお腹やお尻がポッコリ出てしまいます。
このように、産後の悩みの多くに骨盤の歪みが関係している事があります。
当院の産後の骨盤矯正はそんなママの骨盤の位置をきれいに整えて抱っこ等で起きやすい腰痛の予防にもなってくるのです。