膝の脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛みが出てくる病気で、時には、赤く腫れたり、熱をもったりします。
休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発し、発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。
スポーツとしてはサッカーやバスケット、テニスあたりが挙げられ、10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールを蹴るスポーツをしすぎると発生します。
十分なストレッチをしない事の繰り返しもリスクが高まる原因となります。

大腿四頭筋の力は膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。
膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離する事で生じます。この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。
成長期の一過性の病気で、成長が終了すると多くは治癒します。この時期はスポーツを控える事が大切です。

一般的な治療としては大腿四頭筋のストレッチやアイシング、アイスマッサージなどを行い、痛みが強い時は湿布をつけることが多いです。
当院では上記も大切ですが、早期に痛みの回復と競技の復帰を目指して鍼灸施術や超音波などの最新の治療機器をもちいて炎症を取り除いていきます。
その後筋肉の柔軟性を上げるために筋肉調整を行います。