腱板とは肩を動かすのに必要な内側の筋肉です。
内側の筋肉はインナーマッスルと呼ばれ、その正体は腱板と呼ばれる『棘上筋』『棘下筋』『肩甲下筋』『小円筋』からなっています。

原因として、転倒や打撲で肩に急激に強い力が加わった場合だけではなく、肩を使う仕事やもともとの骨の形などで徐々に擦り減って切れる場合もあります。

断裂には完全に腱板が切れてしまう場合と、一部だけが切れてしまう場合があります。
完全に断裂すると手術が必要となりますが、腱板の軽い炎症や軽度の部分断裂であれば安静やリハビリで治る事もあります。

当院では、鍼治療や超音波治療・LIPUS等を用いて早期に炎症を取り除き、回復を促進します。
その後は適切な段階にて運動療法を行い、痛みを取っていきます。