頸椎症/変形性頸椎症

まず頸椎とは首の骨の事で、その骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの役割を持つものが挟まっています。

その椎間板が加齢等により劣化してしまうと、クッションが小さくなり、その上下を挟んでいる首の骨同士がこすれて変形し、骨の並びが乱れてしまいます。

そして、個人差はありますが加齢による一般的におこる症状となり、これに、近くを通っている脊髄や神経根といった部分が圧迫されることにより、腕や手の痺れ、痛みが出てくると上記の変形性による頸椎症といった名称に変わります。

頸椎症から起こる症状の原因は、大きく3つに分類されます。

①頸椎椎間板ヘルニア

首の骨の間にある椎間板(いわゆるクッション)の中には髄核と呼ばれるものがあります。
そして、その髄核が何らかの原因で外に飛び出して(この飛び出た突起物がヘルニア)脊髄などの神経を圧迫すると強い痺れ、痛みの原因となります。

②頸椎症性脊髄症

脊髄とは脳から背骨の中を通っている神経の束です。
そして、その束を加齢等で変形した椎間板や靭帯で圧迫してしまうことにより、手足の動きが低下してしまうといった症状が起こります。

③頸椎症性神経根症

神経根は手足を動かすために必要な神経が通っていて脊髄神経の根本の部分となります。
その神経根が圧迫されることで首や肩のコリ感、痛みがあらわれて、中には手足の痺れ、脱力感を伴うことがあります。
そして、首を後ろに反らせると神経根の圧迫が強くなり症状が強くなります。
上記①~③により症状が出ている方は医師とご相談のうえ「手術」をされる方もいらっしゃいます。

その他の原因として

椎間板の骨が変形したために、痺れ、痛みが出る方は多くいらっしゃいますが、無症状の方もいるのが現状です。
当院でも頸椎症と診断された方が改善しているケースもございます。
その理由として、ある特定の筋肉が過緊張を起こしてしまい、神経等の圧迫を強めているケースもあるからです。
当院では、鍼灸治療やその他治療機器により、その過緊張した筋肉を改善させる方法がございます。
「手術を検討している方」や「牽引」、「湿布」を続けていても効果が出ない方は一度ご相談下さい。