正式名称は『肩関節周囲炎』と呼ばれ、肩の関節が痛み、関節の動きが悪くなる病気です。
四十肩と呼ばれることもあり、中年以降で特に50代の患者様が多いです。

原因や症状は様々ですが、多くの場合はシャツを着たり、棚の上のものを取ろうとしたりなど、生活動作の中で肩の関節を動かした時に激しい痛みを感じる運動痛や、夜中に肩がズキズキとした痛みを感じてひどい時には眠れないほどの夜間痛があります。

年齢を重ねると肩の関節を作っている骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起こる事が主な原因だと言われています。

炎症が起こっている時期は痛みが強く、その後、炎症が治まるのに合わせて痛みも軽くなりますが、炎症によっては肩の関節とその周辺がくっついてしまうと関節の動きが悪くなることもあります。
痛みが治まると肩を動かしていない状態となるので、血行が悪くなり肩の関節や組織が硬くなって動かしづらい状態になる為、肩を振り子のようにぶらぶらさせる運動などの運動療法と同時に、肩を温めて血行を良くするなどの施術を行います。

そして、当院では夜間痛などの激しい痛みを取る事を目的に、鍼治療や超音波治療・LIPUS等を用いて早期に炎症を取り除きます。
その後は適切な段階にて運動療法を行い、血行の改善と筋肉やその他組織の柔軟性を上げつつ痛みを取り除きます。