年齢とともに質が劣化して傷んできた肘の外側の筋肉を使いすぎた結果、肘の外側の骨の近くで炎症が起こって痛みが生じる病気です。
主に短橈側手根伸筋(上腕の骨と指の骨をつなぐ筋肉)が肘の外側で障害がおこると考えられています。

この筋肉がテニスラケットを振る際によく使う部分で、中高年のテニス愛好家がこの病気になることが多いので、通称『テニス肘』と呼ばれています。
テニスに限らず、同じラケットスポーツのバトミントンや卓球をはじめ、ゴルフや剣道など他の競技でも短橈側手根伸筋を酷使すると発生します。
またスポーツ以外でも、パソコンのキーボード操作で指を伸ばす動きを繰り返す事務職の人が同症状になる事もあります。
それが内側の筋肉で障害をおこし、痛みや炎症が出ると内側上顆炎となります。(通称ゴルフ肘)
短橈側手根伸筋は手首を伸ばす動きがあるので、物をつかんで持ち上げたタオルを絞ったりするときなどに肘の外側が痛くなります。
多くの場合は安静時には痛みがありません。(重症度による)

治療法としては基本的には保存的療法を行います。
まずは炎症が出ているので、早急に抑えるために鍼灸施術や超音波やLIPUSなどを行います。
そして根本的には柔軟性の低下がありますので、手首から肘、肩甲骨回りの筋肉も連動する筋肉の柔軟性を上げる施術もしております。
肘周辺の痛みが続く場合はお気軽にお問い合わせください。