ジャンパー膝とは名前の示すように、バレーボールやバスケットボール、サッカーなどジャンプや着地動作を頻繁におこなったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多く見られる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。

大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つに挙げられます。
膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎という2種類の腱に起こる炎症の総称になります。
膝蓋腱は脛側、大腿四頭筋は大腿側にある腱の事で、膝の曲げ伸ばしの際に働く性質を持っています。

ジャンパー膝は、膝蓋腱炎と大腿四頭筋炎付着部炎の片方、もしくは両方同時に発症し、膝の機能に障害をもたらすことがあります。

ジャンパー膝の症状としてはジャンプ動作時の膝の痛みがありますが、症状が重度になると膝蓋腱・大腿四頭筋腱の断裂を発症する場合もあります。
原因としてはジャンプ動作の繰り返しによるものが多くあります。
ジャンプ動作は、飛び上がった瞬間と着地した瞬間の2度にわたって膝に強い衝撃を与えます。
飛び上がった瞬間は自分の体重を持ち上げた負荷がかかりますが、着地した際は自分の体重に重力を加えた衝撃に対する負荷が膝にかかります。
膝への強い衝撃からくる負荷を伴うジャンプ動作を繰り返す事で、膝を動かす腱の損傷を招き炎症の原因となります。

一般的な治療としてジャンパー膝は、放置しておくと腱の断裂にもつながりますので、出来るだけ早いうちに対処しておく必要があります。
初期のジャンパー膝は、運動後のアイシングで痛みを沈め炎症を抑えるように心がけます。
急性期に無理な治療やストレッチを行うと逆に悪化してしまいます。
更に、早期での痛みを解決したい方には、当院で鍼灸治療や超音波治療などの最新の治療機器を用いて回復促進を目指し、再びスポーツや生活が出来るようにサポートしていきます。