半月板の役割として膝関節と大腿骨と脛骨の間にある線維性軟骨です。
内側と外側のそれぞれにあり、膝にかかる荷重を分散したり、衝撃を吸収したりする働きを持っています。

半月板損傷の症状としては半月板が損傷すると痛みが生じ、運動時痛や膝を曲げ伸ばしした際の引っ掛かり感となどの症状が出ます。
膝の関節を外側に曲げた時は内側の半月板が、膝の関節を内側に曲げた時は外側の半月板が損傷します。

運動中の膝のケガによって多く発生するため、急性のスポーツ外傷に分類されています。
サッカーやラグビーで走りながら急に方向転換したり、野球で捕手が膝を深く曲げた姿勢から送球をする時など、多くは膝が無理な体勢で捻られたり、伸ばされたりした場合に起こります。

一般的な治療としては破損が軽度であれば、手術をおこなわず患部を温め、サポーターで固定したり等の保存的療法により軽快する事が多いです。