外傷性頸部症候群とは、一般的にむち打ち症と言われる事もあります。
外傷性とは、交通事故やスポーツなどの外からの力により体を構成している組織の(筋肉や靭帯)の連続性が断たれた状態の事をいいます。
レントゲン検査では骨折も脱臼も写りません。
簡単に言うと、外からの力で首の筋肉や靭帯が部分的に切れている状態となります。

症状としては長期間にわたっての首の痛み、肩コリ、頭痛、めまい、手の痺れなどの症状が出ます。
前述のような症状を引き起こす原因については、原因不明のものやさまざまな原因が合わさったものがあります。
特に交通事故やスポーツで痛めた場合にはその受傷した時よりも数日経過してから痛みが強くなる事もよくあらわれます。
病院にて必ず、その時の症状が軽度であっても精密検査を受けてください。
その後、一週間ほど経過しても頚を動かしたら痛い、頭痛、めまいが強い等の症状の変化がみられない場合は、当院にご連絡頂ければ適切なご案内をいたします。

当院では厚生労働省から認可された国家資格者が適切に施術をおこなっております。
病院に数週間、通ってもとれない症状を当院で行う数回の施術で変化が出る事も珍しくはありません。
まずはお気軽にご連絡下さい。

当院での施術は、東洋医療をベースとして鍼灸治療とアイシングや固定といった炎症を取り除く施術を行います。
もちろん、鍼やお灸が苦手な方にも回復が早くなる為の施術が多数ご用意しております。
一般的な整骨院だと資格上、限られた施術内容の繰り返しになりますが、当院は鍼灸整骨院ですので施術内容も増え、炎症を取る機器も多数ございます。その為、回復しやすい環境が幅広く、様々なご提案が可能です。
その後、炎症が取れ次第ストレッチや運動療法を行い、痛みで動きの悪くなってしまった筋肉を動きやすくしていき、日常生活やお仕事で痛みなしで過ごせるようにしていきます。