ドケルバン病は手首の親指の付け根におこる腱鞘炎です。
親指を広げると手首の母指側の部分に腱がはって皮下に2本の線が浮かび上がります。

ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指伸外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

症状としては手首の母指側にある腱鞘とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズではなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするところの場所に強い疼痛が走ります。
原因としては妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指をよく使う仕事の人にも多いのが特徴です。
母指の使い過ぎによる負荷のために、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。特に手背第一コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです。

最近ではスマホの使い過ぎなどでも発症しますし、放っておくと手術にもなりかねない疾患です。
治療としては安静が第一ですので親指を使わない事が重要ですが、当院では患部を含めて筋肉調整法や鍼灸施術や最新の治療機器で筋肉や腱の緊張を取り除き炎症の鎮静化をはかり、手の形に合わせたテーピングで患部を固定するなど、状態に合わせた施術が可能です。
もし気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。