足関節捻挫はスポーツによる急性外傷としては最も頻度が高く、かつ重症度の高い障害ですが、軽視してしまうと長期の痛みが続くこともあるので注意が必要な疾患となります。

足関節は脛骨、腓骨、距骨の3つの骨から成り立ち、外側は前距腓靭帯、後距腓靭帯、踵腓靭帯で囲まれています。
内側は三角靭帯という強い靭帯に守られています。
足関節は形状により、外反より内反方向に動きやすい関節です。

滑ると、急激な内反が強制されて外側にある前距腓靭帯などが伸びたり断裂したりします。
多くは外側にある靭帯が損傷する内反捻挫が多くおこります。

バレーボール、バスケットボール競技で特に多く発生します。
ジャンプの着地時に人の足の上に乗り、段差に乗ることで、足関節の内反が強制されて起こる場合は重症になることもあります。
その他サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、などの接触プレーをはじめ、野球のスライディング、体操競技、テニスに多く発生します。

内反捻挫の場合は、足関節外側の圧痛、熱感、腫脹や内反ストレスによる動揺性、左右差をみます。
急性期では受傷部位を確認して、RICE処置にのっとって安静、アイシング、固定、挙上を行い安静を保ちます。
一般的には重症度に応じた治療を行います。

1度

靭帯の微細損傷や軽度の圧痛があるが、いわゆるちょっと捻った程度である為に、当日もしくは2~3日で競技復帰は可能な状態。
歩行や軽い走行も可能ですが、軽視すると長期化する事もあります。

2度

靭帯の部分断裂で圧痛、腫脹、熱感が強く、歩けるが走れない。
競技復帰まで2~3週間かかり、装具やテーピング、固定が必要となります。
軽視すると、後々の痛みが続くことがありますので、病院や整骨院などの医療機関での診療をおすすめします。

3度

完全な靭帯断裂です。圧痛、腫脹、熱感、皮下出血がつよく、自分で歩くのがやっとです。
競技復帰まで1~2か月を要します。医療機関での治療が必ず必要になります。

一般的には、2度と3度の区別がつきにくい状態もありますので、ご心配な際には当院にご連絡いただければと思います。
当院では炎症が引かないと痛みが長期化するために、鍼灸施術や超音波などの最新の治療機器を用いて早期に腫れをひかせる事が可能となります。
更に早期に回復させたい方には治療機器の貸し出しも行っております。