『これで乾燥肌の対策もばっちり』その③

紅葉も少しづ進んできて今がピークの季節になってきましたね。

外を歩いているとランニングをされている方もちらほらおられます。

運動は運動不足になると体の代謝が悪くなると体内に老廃物が溜まったり、血行が悪くなったりして、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れやすくなります。また、過度のストレスは肌の再生に必要なビタミンを消耗するため、運動不足だと感じる時は、ウオーキングやストレッチなどの軽い運動を行うことで、代謝が上がると同時にストレスの解消効果もあるので是非お願いしますね。

今回のテーマは『食』です。例えば糖分の多い菓子パンや清涼飲料水、カフェイン、冷たいもの等を習慣的にとりすぎると、代謝が悪くなりやすいので注意が必要です。

その逆に乾燥肌になりにくい習慣として③つの習慣が一般的によいと言われます。

①朝食をとる ②糖質を制限しすぎない ③適量の植物油をとる

①『朝食をとる』・・・朝食をとると体温が上昇があり、1日を代謝の高い状態で過ごすことができます。これは免疫にも関わるのでこの季節にはまずおこなってほしい習慣となります。反対に朝食を抜くと代謝の低い状態となり、続くと肌の再生のリズムも乱れやすくなります。朝食をとらない方は1度朝食をとることでの体や肌の感じを確認してみるとよいでしょう。

②『糖質を制限しすぎない』・・・最近では【糖質制限】という言葉が広くしられるようにないりましたが、糖質は過剰摂取だけではなく、制限しすぎる事もまた病気の要因となります。なお適量の糖質は、体内でグリコーゲンという形で水と一緒に蓄えられるため、肌の潤いを保ちます。

③適量の植物油をとる・・・脂質は体の細胞膜や細胞間脂質、ホルモンなどの多くの組織の材料であり、とりすぎ、控えすぎなども病気の要因となります。控えたい油としてはインスタント食品やファーストフード、スナック菓子、マーガリン、ドレッシングなどで、とりたい油は、魚油、オリーブ油などです。

『今日のツボ』足三里(消化を助けるツボ)

このツボは、胃酸を出し、消化を助けてくれると言われます。また食欲が出ない時にも使えてしまう万能のツボでもあります。

場所はひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

指の腹で30秒くらいゆっくりと押してくださいね。

交通事故後の施術、産後の骨盤矯正、肩、腰の患者様が多く来院。

すまいる整骨院 ℡0774-27-2369

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA