季節の変わり目について

季節の変わり目は体調管理が難しいと言われています。

これからの季節は『冷やす』➡『冷える』時期になってきていますので色々な症状が出てくるのでご注意が必要ですね。

今年は『コロナ』の影響で個人個人の衛生管理の意識が向上して発症が減少している疾患もありますが、毎年よく起こるのが

『インフルエンザ』『感染性胃腸炎』『長引く咳』があります。

ちなみに『インフルエンザ』はインフルエンザウイルスにより起こる急性ウイルス疾患で、毎年11月くらいから徐々に増え始めて、1月ごろにピークとなり4月くらいまで続く傾向があります。肺炎や脳炎を発症する危険もありますので、普通の風邪とは分けて考えるべき病気です。

インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の3つの型がありますが、冬場にかけてはAとBななります。

そしてこの病気は1度かかっても抗体はできずに、翌年以降も感染します。

症状は1~3日の潜伏期間を経て突然発症して咳や鼻水を介して飛沫感染し、38度以上の高熱が3~5日続きます。

ただし高熱が出てからすぐに病院に行って検査をしてもインフルエンザの症状が明らかでも陰性が出る事があるので、発熱後12時間~48時間以内に行くのがベストとされています。

もしインフルエンザかも?と思われたらまずは内科のある医療機関にお問い合わせください。

当院では『お灸』を通じて『免疫力』をあげて病気になりにくい体質改善をおこなっております。そしてこの『免疫力』は体温が1度上がると免疫力が5~6倍も高くなるそうです。お灸には体の血行をよくするツボがたくさんありますのでこの季節にはピッタリですね。

『宇治市六地蔵』 すまいる整骨院/鍼灸院 ℡0774-27-2369

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA